【西方見聞録】その19 – ローマ5日目・ワルシャワ1日目


2015年6月からのヨーロッパ周遊の旅。本日はその19日目。

さよならローマ

ローマのホテルで最後の朝食。毎日変わらずパン1個とコーヒーだけというラディカルな朝食もこれで最後か。どうでもいい情報だが、宿主マルコのバイクはホンダの150ccらしい。

ここで5回朝食を食べたんだな
古いホテルだったが、マルコがいい人で良かった

これから飛行機でポーランドの首都ワルシャワに向かう。飛行機はチャンピーノ空港から。テルミニ駅でバスに乗ろう。

なんとなくとったキオスク
バスに乗るためやってきたテルミニ駅

バスのりばを探し周辺を少しさまよう。

バス停を探し駅の周囲を探索

バス停が見つかった。3.9ユーロ・40分ぐらいで空港に着く。

今度はジャンピーノ空港に行く

空港

空港に到着。結構混んでる。ヨーロッパの空港って敷地のわりに滑走路が多いんじゃないか? 荷物を預けようとして列に並んでいると、持ち込みカバンのサイズがきっちり既定されており、自分のカバンはアウトになるんじゃないかとヒヤヒヤしていたが、何事もなくチェックインできた。

基本的にヨーロッパの空港って混雑してる

昼食でも食うか。なにやらヘルシーそうなサンドイッチと小さなボトルのワインを飲む。基本、毎日飲んでる。

空港ということもあり、とても高い
ヘルシーめのサンドイッチ
ま、ワインがメインなので・・・

格安便WIZZ。ハンガリーの航空会社らしいね。

WIZZという航空会社だったのかな?
さよなら西欧。こんにちわ東欧。

ワルシャワ

ワルシャワが見えてくる。すごく規則正しく家が並んでいて、レゴで作った街みたい。これは期待できそうだぞ。

街並みに秩序を感じる
はい、無事到着

荷物を受け取って空港を出る。そんなに人は多くなかったと思う。空港直結の地下鉄が出てるので、まずはそれに乗ってホテルを目指そう。

空港はとても綺麗で、静かだった

うーむ、どれもこれも綺麗。新しいし。ポーランドって、経済面ではヨーロッパの優等生らしいし、最近キテる国なんだろうと感じた。

空港直結の地下鉄
駅内はかなり綺麗

WARSZAWA CENTRALNA駅に行く。ワルシャワ中央駅という意味なんだろう。空港からは4.4ズウォッティ(約140円)。安いね。ゾーンによって料金が分かれてるみたいだった。

一応首都というだけあって、それなりの路線図だ

電車の中も綺麗で、幅も広い。自転車も載せれるらしい。

電車内は清潔感に満ちあふれている
自転車も載せれるってのがヨーロッパっぽい
さて、いよいよワルシャワの地上に出るぞ

WARSZAWA CENTRALNA駅に到着。真夏というのに結構寒かったけど、結構都会。いわゆる新市街なので、パリやローマのような建物はない感じ。

駅を出てすぐ。まあまあ都会。
天気はどんよりしてるが街は綺麗

ホテル到着。プロモーションで激安だったので、1泊1人2千数百円。受付のおじいちゃんは終始我々を「ジェントルマン」と呼んだ。

なぜか激安だったNOVOTELに泊まる
いや、すげー立派なホテルですわ

こ、これはリーズナブル。ええ部屋やわ〜。

充分すぎるほどいい部屋
バスルームも広くて綺麗

ちょっといいとこに泊まるとやっぱテンション上がるね。

歴史地区

ホテルからの眺め。どことなく東欧風。さてさて、そろそろ繰り出そう。

なーんとなく東欧に来たなって感じがしてきた

ワルシャワ歴史地区に行く。一応世界遺産らしい。はたしてどんなとこなのか。ホテル前の地下道を経由して、トラムの駅に向かう。

ホテルを出て地下道を歩く

トラムの券売機はしっかり仕事してた。カードも使えるし! ナポリの券売機とはえらい違いやな。

券売機が壊れていない・・・!
トラムがちゃんと来る!
社内も綺麗でカワイイ
赤レンガが東欧っぽくて非常にグッド

歴史地区に着く。はっきり言って、西欧とは全く違った趣きだぜ! 赤いレンガの建物が特徴的。はっきり言って、スゴくイイ!

え、ええやんけ、ポーランド・・・
美しい建物が立ち並ぶ
西欧とは少し違った趣
ショパンも似合う街並みだぜ
見た目って大事なんですね
あいにく空はどんよりだが、街並みは最高だ
こんな素敵な広場、なかなかないぜ

天気がどんよりしてたけど、街は最高に美しい。第二次世界大戦後に再建された街らしいが、いいじゃないか、美しければ!

ディナー

素晴らしい街並みを堪能した後には素晴らしいディナーを。そんなわけで、歴史地区にあるZAPIECEKという店を目指す。あらかじめネットでリサーチしていたのさ。

ディナーはここで
ZAPIECEKというお店

と思ってたら、後で気付いてのだが、行きたかった店とは違う店だった・・・。しかし、結果的には大成功だったわけだが。

すごくエレガントだが値段はそれほどでもない

なんだか高そうな店に入っちまったなーと思いつつも、メニューを見ると、そんなに高いわけでもない。ポーランドは物価が比較的安いからか? ともかく、何やらよう分からんので、ウェイトレスのおばさんのリコメンドを聞きながら何となく注文。

最初に出てきたZUREK(ジュレック)というスープが、味覚に激震を与えた!! ほどよい酸味がたまらない。どう味を表現したらいいか分からないのでWikipediaを調べたところによると、ライ麦を発酵させたものをベースに作るらしい。いや、これマジで旨いわ。

ZUREK(ジュレック)というスープは絶品だった
パンも旨いぜ

ポーランド料理には餃子もある。このあたりまでモンゴル帝国は来てたからね。ピエロギというrしい。味は・・・日本の餃子の方が美味しいと思う。

ピエロギという餃子

おばさんのゴリ押しでケーキとブランデーも頼んでしまった。チーズケーキはグレートな味だったぜ。

注文してしまったケーキ
チーズケーキはグレートだった
押されて注文したブランデー
店内でかかっていたBGMが良かったのでプレイヤーを勝手に開けて撮影

1人100ズウォッティぐらいなので、3,000円ぐらいかな。安いね。チップを渡そうと思って50ズウォティを崩してくれと差し出すと、一旦奥に両替しに引っ込んだが、戻ってきたら30ズウォティしか持ってなくて「20は私へのチップでしょ♥」みたいなこと言われて勝手に取られた。ま、20渡す予定だったからいいんだけど。

夜もまた綺麗だ
これで真夏っていうのが信じられん・・・

いやー街は綺麗で料理も旨い。西欧に飽きていたこともあって余計かもしれないけど、ポーランドは予想以上にいいぞ。明日も楽しみだ。

関連する記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*