IT

よく忘れるのでメモ。

override fun onScroll(view: AbsListView, firstVisibleItem: Int, visibleItemCount: Int, totalItemCount: Int)

  1. view --- スクロールを検知したView。ListViewとか。
  2. firstVisibleItem --- 表示されているItemのうち一番上のもののIndex。一部しか見えていない場合でもよい。
  3. visibleItemCount --- 表示されているItemの数。一部しか見えていないものもカウントする。
  4. totalItemCount --- 非表示の部分も含めたItemの合計数。なお、ヘッダー・フッターもカウントする。

例えばListViewのフッターViewにProgressBarを配置しておき、このフッターが表示されたら追記読み込みをする・・・といった場合の末尾到達判定は以下のようになる。(kotlin)

  ...続きを読む

jQuery-UIのsortableを使用していて、 overflow: scroll/autoなコンテナ内の要素を並び替える場合に、コンテナ内をスクロールしてから要素をドラッグしてスクロールさせようとすると、そのhelper要素の位置がおかしくなってしまう。(jQuery-UI 1.11.4で確認) ...続きを読む

Androidアプリを開発していると、アップデート後にリリースノートを表示したくなることがある。簡単に表示してくれるライブラリでもないかなと探してみたけど見つからなかったので、自分で『ReleaseAnimal』というものを作ってみた。 ...続きを読む

アクティビティから他のアクティビティを呼び出して、その結果を貰い何かを実行する場合がある。定石としては onActivityResultメソッドをオーバーライドして、その中で処理を実行するというものだが、この方法だと稀にわけの分からん例外が発生する。

この例外を発生させずに安全にコードを実行するサンプルを書いてみてる。 ...続きを読む